家

住まいを選ぶ基準は人それぞれ違います。
出産や結婚等で家族の状況が変わった時が決断する時です。
選択肢は数多くあります。
予算を考えた場合では賃貸マンションや新築建売一戸建ての購入もよい選択ではあります。
賃貸マンションならある程度の間取りも確保できます。
立地条件が良い場合が多いです。
しかし集団生活となると規約等の制限があり、生活の自由度が狭まります。
そして新築建売一戸建て住宅は徹底したコストダウンにより格安でマイホームが手に入ります。
しかし既存のデザインの住宅が数多く建ち並び、オリジナル性に欠けるというデメリットがあります。
やはり長く住む事を考えれば注文住宅という選択肢が思い通りの家づくりをする為には最適です。
まずはハウスメーカーに相談して、理想の住まい実現に向けて動いていきましょう。

注文のメリット

一戸建ての注文住宅には住んでみて感じるメリットが数多くあります。
まずは建築素材を自由に選べるという点です。
従来の低コストを最優先とした住宅は資材に刺激の強い接着材等を多用していたのです。
これらはアレルギー体質の方には不快なものです。
これらを体に優しい物へと変える事もできます。
更に外壁のデザインや内装の細部に至るまで家族の趣向を反映したものにする事もできます。
天然の無垢材を使用すれば、木のぬくもりの中で快適な生活環境を維持できます。
そして何かと高額なイメージがある方もいます。
しかし費用をかけたくない部分を削り、こだわりを持つ部分だけ費用をかければ他の選択肢と殆ど変わらない金額で建てる事も可能です。

業者で差が出る

注文住宅を建てる場合には一般的にハウスメーカーへ依頼する事が多いです。
大手ハウスメーカーの場合は倒産等の心配も少なく、金額もそれなりである事から間違いの無い家づくりが出来ます。
そして街の工務店へ依頼する場合は長い付き合いをする上では安心です。
トラブルがあれば直ぐに駆けつけてくれます。
しかし工務店ごとに技術力等でかなり差があるので見極める力も必要となります。
最後に建築設計事務所へ依頼する場合があります。
ここはデザインの専門家です。
こちらの希望から様々なタイプの家のデザインを提案してくれます。
しかし後に発注された業者からの見積もりと差額が出るという事もあります。
いずれにしても業者との円滑なコミュ二ケーションがいかに多く出来るかどうかが良い家を建てられる条件となります。

オススメリンク

家とクローバー

注意すること

ほとんどの方にとって、家を建てるということは一生に1度のことであり、注文住宅で憧れの一戸建てを建てようとする場合、ハウスメーカー選びはとても重要で今後の自分の人生を左右するものであり、失敗してし…Read more

家と製図

ますます厳しく

今年の4月に消費税率が5%から8%へと引き上げられました。
消費税増税前の駆け込み需要により昨年は住宅の需要も増加し、各ハウスメーカーで注文住宅を建てようとする方も非常に増えました。Read more

関連リンク

BACK TO TOP